日下病院 トップページ診療科・部門一覧 > 理学療法・作業療法・言語聴覚療法


診療科・部門一覧

理学療法・作業療法・言語聴覚療法

■理学療法(PT:Physical Therapy)

理学療法 理学療法

理学療法では、筋力強化訓練や歩行訓練などの運動療法に加え、温熱や電気などの物理療法を用いて患者様の身体機能の回復を図り、起きる・立つ・歩くといった基本的な動作の習得をお手伝いさせていただきます。それによって、日常生活活動(ADL)の改善を図り、最終的には生活の質(QOL)の向上を目指します。
当院では、高齢者の骨折や変形性関節症などの整形疾患、脳卒中などの中枢神経系疾患、糖尿病や呼吸器疾患などの内部障害に対して理学療法を施行しています。また、下肢切断に対して義足作製を行い、患者様の在宅復帰や社会復帰に貢献できるように精力的に取り組んでいます。
訓練だけに留まらず、退院予定先の住居を訪問し、生活を送る上での注意点や福祉用具のアドバイスなども行っています。

ページTOPへ

■作業療法(OT:Occupational Therapy)

作業療法 作業療法

作業療法では、心や身体に障害を持った方や予測される方に対して、生活能力の獲得を図るための治療・援助・指導を、時にはいろいろな道具や手芸、工作などの作業を用いて行います。
当院では、特に脳卒中や上肢の疾患・呼吸器疾患・臥床による廃用により生活能力に低下をきたした方々を対象にリハビリを提供しています。
筋力・関節の動き・手先の細かな動きなどの改善を図るとともに、生活で必要な動作(食事や更衣、整容やトイレ動作など)を安全かつスムーズに行えるような訓練を考えたり自助具の導入を行ったりします。
また、高次脳機能とされている記憶力や注意力などの認知機能の障害に対し、その改善を図ったり、環境を整える事で生活しやすい場を提供しています。心理的な面では趣味活動やアクティビティを通して意欲を引き出したり、情緒の安定を図ったりします。 その他、上肢切断の方の義手操作の訓練も行っており、在宅復帰や社会復帰に貢献できるように取り組んでいます。

ページTOPへ

■言語聴覚療法(ST:Speech Therapy)

言語聴覚療法 言語聴覚療法

言語聴覚療法では、言葉によるコミュニケーションと食事に障害のある方の支援を行っています。脳卒中や脳外傷などで、以前のように言葉を理解したり、話したりする事が出来なくなる「失語症」や、言葉を話す時に上手く呂律が回らなくなる「構音障害」、食べたり飲んだりする時にむせが出たり、飲み込みがし辛くなる「嚥下障害」に対して、より理解したり、上手に話したり、そして食べやすくなるようにお手伝いをします。
当院では、患者様一人一人に合わせて、話す喜びや食べる楽しさを実感していただけるような訓練を提供したいと考えています。特に嚥下造影検査などを充実させて、個々の症状を把握し、個別の療法計画を図っています。


VF(嚥下造影検査)

摂食・嚥下の際、口と喉で何が起きているのか を映像で観察できる検査です

VF(嚥下造影検査)

リハビリテーション部(2Fリハビリ) リハビリテーション部(2Fリハビリ) 病院リハビリテーション 病院リハビリテーション 老健リハビリテーション 老健リハビリテーション
理学療法・作業療法・言語聴覚療法 理学療法・作業療法・言語聴覚療法 短時間通所リハビリテーション 短時間通所リハビリテーション
物理療法 物理療法 義肢について 義肢について